おてんば関西娘Shiho

青年海外協力隊/ Kenya / Vancouver/ BETTER LATE THAN NEVER . .

MENU

おてんば関西娘Shihoのプロフィール!〜充実した人生を過ごすために〜

 

f:id:pandoralover:20190206132655j:plain

ご覧になってくださりありがとうございます!

このページでは私の経歴を紹介していきたいと思います!

 

 

 

 ブログを始めた理由:

青年海外協力隊ケニア)での経験を共有するため

②アフリカでの生活をたくさんの人に知ってもらいたい

 

 

簡単な経歴

こんにちは!関西を代表するおてんば、しほです。

生まれ育ちは、兵庫の加古川で、家の前は田んぼと畑!

加古川って言っても、わからん人多いから、神戸出身って言う笑

f:id:pandoralover:20190206152756j:plain

大学受験に死ぬほど努力したのに大学に入ってみると、なんか物足りなさを感じ、刺激求め大学2年生の時にカナダ留学し、大きく人生が変わる。

 

趣味は、映画鑑賞!時間があれば、ベットから一生出ずに1日みてます笑 時々、NBAみたり、好きな本見つけたらずーっと集中して読んでます。(喋りかけられても気づかん。)

 

 

1. 小学校:外で遊ぶこと命!

小学校の頃は、学校まで片道40分かけて歩いていたおかげで、マラソン大会では基本5位以内笑

f:id:pandoralover:20190206152928j:plain

お父さんがバスケの顧問やったこともあって、小学校4年生からバスケを始める。本当に自由に遊ばせてもらって、わがままな子やった気する。

 

2. 中学校:影で支えてくれてる人に感謝する習慣がつく
 

中学校もバスケ部に入り、本格的にバスケを始める。

何度も生活面で指導を受けることがあり、試合に出れなかったり、周りに迷惑をかけまくってた。生活面を適当にしていたせいで、親を泣かせたこともある。

あたりまえのことができない(生活面)人が、スポーツで結果を残せないのを3年間で学んだ。

 

この3年間で忍耐力、生きる力を身につけたように思う。

 

3. 高校:大学受験を通して、自信を持つようになる

中学の時、成績は上位。自分に自信があったにも関わらず、高校に入ってから成績は280位/350位レベル一気に自信をなくしていた

 

そんな時に、英語塾に出逢い、英語の勉強の仕方を教えてもらう。

今思うと、英語は暗記だと思っていたから、勉強の仕方がさっぱりわからなかったんがあかんかったんやろな。

勉強の仕方さえ分かれば、少しずつ英語の成績も上がり、英語の勉強が楽しくなってくる。

目標として、関西学院大学教育学部を目指すようになる。

高校の先生には絶対無理やでって言われてた。

そっから毎日朝7時から夜中の12時まで(12時間以上)勉強し始める。

 

努力がみのり、第一希望の関西学院大学教育学部に合格。

 

4. 大学:人とは同じことするのが嫌で仕方ない時代

大学に入ってから、バスケのサークルにも入り大学生らしい生活を送るようになりました。

でもやっぱりどこかで予期していた大学生活ではないし、大学生の飲み会とかが全く楽しいと思えなくて、刺激を求め、カナダ留学をする。

 

カナダ留学ではたくさんの人との出逢いにより、私の考えは大きく変化する。

国際交流コミュニティ「エントピ」を3年間したり、塾講師をしていたり。

 

でも、就活就活ってみんなが言う時期になって、

教師ではなく、もっと教育機関を支える組織に入りたくて国家公務員を目指すが、インターンに行った時に思っていたのと違っていて、3年生の秋ぐらいに説明会にいっていた青年海外協力隊に興味をもつ。

協力隊に合格し、卒論を終え、今に至る。

 

5.   これから:自分がわくわくする道に進む!

今は、ケニアに協力隊員として2019年7月から派遣され、ケニアの田舎の村に住んでいます。

 

 

 

人とは違う道を進むのだけど、自分に誇りを持っているし、自分の視野を広げるのが楽しみ!

 

私のケニアに派遣されるまでの生活、アフリカ(ケニア)での生活、協力隊に興味をもってくれてる人への情報発信をしていきたいなと思っています。

また旅行によく行くので旅行についても書けたらなと。

 

Continued...

 

 

www.otenba-shihoblog.com